体験談

黄疸の症状は様々!とアルコール摂取の調節と薬で改善方向

更新日:

現在29歳の男性会社員で、今から一年前の体験談となります。

 

体の異変で病院へ

体の異変に気付いて、病院に訪れると医師から黄疸の診断をされました。

黄疸という病名をこのときに初めて知り、どのような病気なのか全く知りませんでした。

普段どおりに仕事や生活を送っていると、自分の地肌や目などが徐々に黄色く変色をしてきたのです。

最初はアルコールなどの摂取が原因で一時的なものであろうと軽く考えておりましたが一向に治っていく傾向などがありませんでした。

仕事は営業職のお仕事をさせてもらっていて、仕事柄ですが、お客様と顔あわせなどを行うことが非常に多いのです。

このままでは、自分の見た目などで、お客様に悪い印象を与えてしまい、それで仕事に大きな支障をだしてしまうと思い、皮膚科を訪れたのです。

 

スポンサーリンク

 

医師からの問診

それで医師の人から普段はどのような生活を送っているのか詳しく聞かれてしまいました。

普段一日にアルコールはどれくらい摂取をするのか、タバコは吸うのか、性交渉の有無なども聞かれました。

仕事のストレスなどは自分はかなり抱え込んでしまうほうであり、お恥ずかしい話しでありますが、上記の医師の質問は自分は仕事のストレスなどを解消させるために、行っていたので、すべて該当をしておりました。

そのことについて、医師にお話しをすると医師からは全てが原因となっているので、私生活の改善をすることを強くすすめられました。

それに対応する薬なども処方をしてくれるといってくれたのですが、一番の改善方法は普段の自分の私生活を見直すということが大事であると伝えられました。

 

スポンサーリンク

 

黄疸の症状

黄疸は直接人体に影響をする症状としては眼球の白目の部分や皮膚が黄色く以外にも、尿の色が濃い黄色に変化したり、便の色が薄くなることもあります。

他には、全身倦怠感、食欲不振も起こります。

発熱や風邪のような症状が発症をしてしまうこともあるようです。ビリルビンという成分が体内には存在をしていて、これらの数値が上昇をすることで、症状がでてしまい、皮膚に溜まると痒みを伴います。

大病とはいいにくいようですが、仕事に支障をきたしまっているように、人の私生活にいろいろと障害を生んでしまう病気にはかわらないようです。

 

アルコール摂取の調節と薬で改善方向

それで最近ではアルコールなどの摂取は極力ですが控えています。

医師から処方をされた薬物治療で症状は改善方向で、仕事にも影響を与えていません。

今後も継続していけたらと感がています。

 

-体験談

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.