原因

黄疸の原因はビリルビン!体の不調のサインを見逃さない!

更新日:

血液検査などでビリルビンが高いと言われたことはないでしょうか?
ビリルビンが高くなると黄疸が出て、顔や白目が黄色くなってしまいます。

よく、肝臓が悪いと黄疸が出ると聞きませんか?黄疸が出るということは何かしらの疾患がある可能性があります。
ここでは、黄疸の原因となるビリルビンとは何者なのかを説明していきます。

 

ビリルビンってどんなもの?どこから生まれるのか?

さて、顔の色を黄色くしてしまうビリルビンですが、いったい何者なのでしょう?

ビリルビンや毒素を持つ体にとって悪いものです。
神経を侵す毒素を持っており、ビリルビンがたまりすぎると脳にまで達し、「核黄疸」という脳出血や脳障害を引き起こすことになります。
そんな危険なビリルビンですが、いったいどうして体の中にあるのでしょうか?

それは、ビリルビンというものは赤血球が壊された時にできる老廃物の一部だからです。
赤血球の寿命はやく120日、その後壊れた赤血球からビリルビンが生まれます。

このビリルビンは通常肝臓の中で分解され毒素を軽減されてから十二指腸より分泌され排泄されることで体外へ出ます。

 

しかし、このサイクルが肝臓の結石などによって腸へうまく出ていけなくなった場合、肝臓の中から血液中へ放出されてしまいます。
こうして血液中にビリルビンが高濃度で存在することで皮膚や白目に沈着し黄色く変色させるのです。

また溶血によって、何らかの原因で赤血球が体から異物とみなされて大量に破壊された場合もビリルビンが大量に作られ黄疸が出てきます。

 

スポンサーリンク

 

ビリルビンが教える体の不調のサイン

ビリルビンが高くなると、ビリルビンに含まれる色素が皮膚や白目に沈着し黄疸を起こすといいました。
実は、ビリルビンはその他にも体の不調をおしえてくれることがあるのです。

それは便の色です。
特に赤ちゃんの時にはよくうんちの色を見ておくことが大切です。

うんちの色はビリルビンが酸化した色なのです。
茶色もしくは緑色ならビリルビンが正しく排出されている証拠です。
赤ちゃんの場合、胆道閉鎖症であるかどうかを確認する方法の一つとして、うんちの色はしばしば取り上げられます。
ビリルビンが含まれていないうんちの色は白色です。
ベージュなど多少色がついていたとしても白色とみなされます。
生まれて間もない時は白色の時もあるのですが、生後一か月を経過しても白色の場合は医師と相談してください。
また、尿の色も濃くなってくる傾向がありますので合わせて注意してください。

これは大人でも言えることですので、大人でも便が白っぽいときは胆管が詰まっている可能性を考えてください。

 

おわりに

ビリルビンの正体は赤血球が寿命を終えた時に作られるもので、体にとって有害なものだということがわかりました。
このビリルビンを体外に排出しているのが肝臓で、肝臓がうまく働いていないとビリルビンが体内に溜まり黄疸を引き起こすという肝臓の機能とビリルビンの関係性もお分かりいただけたのではないかと思います。

普段より黄疸、便や尿の色に気をつけておく事で病気の早期発見に繋がるということを覚えておいてくださいね。

 

-原因

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.