原因

黄疸の原因は肝臓の異常!5つの原因と簡単なチェック法とは?

更新日:

肝臓の悪い人は顔色が黄色くなると聞いたことがあるでしょう。
しかし、黄疸というのはとても恐ろしい病気のサインでもあるのです。
なんとなく悪いというイメージではなく、命の危険も孕んでいる可能性もあるので実はとても気を付けなければならないものです。
ここでは、黄疸とは何なのか、また黄疸がでる原因、黄疸によって疑われる病気を説明していきます。

黄疸とは何なのか

黄疸になるとなぜ黄色くなるのか、それは血液中にビリルビンという黄色の色素が大量に含まれ皮膚や白目に沈着した場合に黄色くなり黄疸と呼ばれるのです。

ビリルビンとは赤血球が寿命を終えるなどして壊れたときにできる成分で通常は肝臓で解毒されて胆汁という消化液とともに体外へ排出されていくものです。
ですが、このビリルビンが何らかの形で体外へ排出されなくなった場合、血液中を巡ることとなり皮膚や白目に沈着してしまうのです。

では、黄疸が出る原因にはどんなものがあるのでしょうか?
以下にまとめてみました。

 

スポンサーリンク

黄疸が出る5つ原因

•肝細胞の障害

アルコールの摂りすぎや薬剤の作用などで、肝臓の働きが弱くなる、または炎症を起こすと黄疸が出ます。

 

•胆汁の流れが悪くなった時

肝臓からでる油などを消化する胆汁という消化液が十二指腸までに通る、胆管と呼ばれる管があります。
この管が腫瘍や結石によって詰まってしまうと体外にビリルビンが排出されずに血液中に逆流し黄疸を引き起こします。

 

•溶血による赤血球の破壊

何らかの原因で赤血球が異物とみなされて破壊されるとビリルビンが大量に作られることになります。
肝臓の処理が間に合わないと黄疸の原因となります。

 

•新生児における黄疸

新生児ではしばしば黄疸が確認されることがあります。
この黄疸には新生児黄疸、母乳性黄疸など赤ちゃんの体の機能が高まるにつれ自然と治まるものがほとんどなのですが、中には生まれてすぐに肝臓に障害を持ってしまう赤ちゃんもいます。
肝臓に障害がある状態での黄疸は胆道閉鎖症という大きな病気による可能性が非常に高いのですぐに受診してください。

 

スポンサーリンク


•体質的なもの

体質的に黄疸が出やすいという方もいらっしゃいますが、こういう方でも定期的に健診を受け、体に異常がないかを確認するようにしてください。

黄疸によって疑われる5つの病気

黄疸が出るということは、肝臓の働きが低下し何かしらの病気のサインなのです。

黄疸によって疑われる病気には大きく以下のものがあります。
•胆管結石
•急性肝炎
•胆管癌
•すい臓癌
•胆道閉鎖症

その他にも黄疸がサインとなる病気はあるのですが、大きくいうとこういったところです。
いずれも早期の治療が必要なものなので黄疸が確認されたらすぐに病院へ受診してください。

 

おわりに

黄疸の原因は肝臓の異常によるものです。

黄疸は自分ではなかなか気づきにくいものです。
自分だけなく周りの人にも黄疸に対する知識をしっかり持ってもらい、互いに気を付けあうようにすれば病気の早期発見に繋げられることができます。
黄疸がひどくなると、明らかに異常な顔色になりますが、軽度のものでも見分けられる方法があります。

それは白目を見てもらうことです。

皮膚の黄変は日本人の肌がもともと黄色っぽいということもあって分かりづらいのですが、白目は医師が黄疸と診断する際にも診る場所です。
少しでも色がおかしいと思ったら大事をとって受診すると良いでしょう。

また赤ちゃんの黄疸には特に気を付けてあげてください。
万が一病気による黄疸だとしたら一刻も早く治療を開始しないと手遅れになってしまうこともあります。
赤ちゃんは話せません、親や周りの人が黄疸に対する知識を持っていれば最悪のケースを避けることもできるのです。

 

-原因

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.