基本

黄疸で目が黄色くなる理由!黄疸が引き起こす病気とは?

更新日:

鏡で顔を見て白目が黄色っぽいと思ったことはありませんか?
人から白目が黄色っぽいと言われたことはありませんか?

もし白目が黄色っぽくなっていたらそれは黄疸が出ているのかもしれません。
しかも目の色が黄色くなるのは黄疸が相当進んでいる恐れもあるのですぐに受診することを薦めます。

黄疸は肝臓やすい臓が何らかの原因で障害が出ている場合に出ます。
放置しておくと、癌や肝硬変になってしまいますので医師に相談してください。

 

なぜ白目が黄色くなるのか

黄疸とは何か、簡単に言うと赤血球が破壊された時に出るビリルビンという毒素が皮膚や白目に沈着することによって、ビリルビンの持つ黄色の色素が表面に出てくることを言います。

皮膚にも沈着するので顔色も黄色っぽくなりますが、顔色の変化は人によってはわかりづらいことがありますので、医師は黄疸と診断する時には基本的に目の色を確認します。

通常ビリルビンは肝臓で解毒され、胆汁という油などを分解する消化液の一部となって十二指腸より分泌され、体外に排出されます。
この肝臓と十二指腸を繋ぐ管を『胆管』と言います。
胆管が結石や、腫瘍によって狭くなったり塞がったりするとビリルビンが外に出られずに肝臓内に貯まってしまいやがて再び血液中に放出されます。
血液に放出された、行き場のないビリルビンは皮膚や白目に沈着するのです。
つまり、白目が黄色くなるのはビリルビンの持つ黄色の色素のためです。
黄疸が出るということは肝臓が上手く機能していないというサインになります。
肝臓は体中の老廃物や毒素を解毒する重要な臓器ですので、黄疸が出たらすぐに医師と相談してください。
また、新生児においてはほぼ黄疸が出ますが、通常は数週間から2か月程度で治まるものがほとんどであるので心配はありませんが、一部発見が遅れると命に関わる病気が原因となっている場合があるので赤ちゃんの目の色にも気を付けてあげてください。

 

スポンサーリンク

 

目に黄疸が出た時に疑われる病気

黄疸が出ると肝臓を主に障害が出ていると考えられます。以下に黄疸がサインとなっている病気をまとめてみました。

1.肝炎
2.肝硬変
3.肝臓がん
4.すい臓がん
5.胆管結石
6.溶血性貧血
7.溶血性尿毒症症候群
8.胆道閉鎖症

主だったものを紹介しましたが、いずれも重い病気であり、早期の治療開始が望まれるものばかりです。
特に肝臓は物言わぬ臓器と言われるように自覚症状がほとんどないままに病状が進んでしまうことがあるので、とくに注意してください。
黄疸が出ると、体の倦怠感、かゆみ、吐き気などがあり、こういった症状が出た場合は皮膚の色や白目の色をチェックしてください。

 

おわりに

白目の黄変は黄疸が出ている証拠であり、黄疸は病気のサインであることが分かりました。
黄疸は自分自身ではなかなか気づきにくいもので、他人に言われて初めて気づくというパターンが多いようです。
周りの人とも定期的にチェックしあうようにして病気の早期発見につなげられるようにしましょう。

大切なのは多くの人が黄疸に対する知識を持つということです。

 

-基本

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.