基本

黄疸はいつまで続く?知っておきたい赤ちゃんの黄疸3種類!

更新日:

赤ちゃんが生まれ、ほとんどの赤ちゃんが黄疸を発症すると思います。
看護師さんや両親は、赤ちゃんは黄疸が出るものだから心配しないでね、と言うと思います。
だけど、いつまでも赤ちゃんの顔色や白目が黄色いままだと心配になってきますよね。

ここでは、黄疸がいつまで続くものなのか、また心配するべき黄疸について説明していきます。

 

赤ちゃんの黄疸は3種類。その黄疸いつまで続くもの?

赤ちゃんが発症する黄疸には大きく3種類のものがあります。
ほとんどが自然に治まるものなのですが、あまりに黄疸が長引くと心配になるもの…。

まずは黄疸の種類とその機関の目安を見ていきましょう。
1. 新生児黄疸

新生児の実に80%が発症する黄疸です。
これは、赤ちゃんが生まれてきて肝臓が未発達のためにビリルビンという黄疸の原因となる色素を分解しきれずに黄疸を発症してしまうもので、体の働きが活発になってくれば自然と治ります。

大体一週間程度で治まると言われています。

治療も必要ないのですが、黄疸が強く出ている赤ちゃんには光線治療という黄疸を下げるための処置を行う場合があります。

 

2. 母乳性黄疸

母乳で赤ちゃんを育てている場合、母乳に含まれる成分が肝臓の働きを抑制してしまうことがあります。
ビリルビンを処理するのは肝臓の役目なので肝臓がうまく働かないと黄疸を発症します。

こちらは数週間から2か月程度続くといわれています。

特に治療は必要ないのですが、心配な方は黄疸を下げるために赤ちゃんに与える母乳量を減らして、粉ミルクなどを増やすようにすると黄疸を下げる効果があります。

 

3. 肝細胞障害による黄疸

黄疸が一か月経っても引かない場合に疑うべきことです。
母乳性黄疸が最大2か月程度長引くことを考えると、その可能性も十分にあり得るのですが、赤ちゃんの場合の肝機能障害は最悪脳出血を起こしてしまうことがあるので、一か月経った時点で黄疸が引かないようなら医師に相談してみるべきでしょう。

この黄疸は病気に処置を施さない限り下がらないためかならず治療を受けてください。

 

スポンサーリンク

 

うちの子も黄疸?見分け方は??

ここまで読んで、うちの子も黄疸なのでは…と心配されるかたもいらっしゃるかもしれません。
黄疸は顔色が黄色くなるなど症状は分かっているが、見てもよくわからないという方もいらっしゃるでしょう。

では、黄疸を見分ける簡単な顔の部位があります。それは「白目」です。
白目の色が黄色、もしくは真っ白でないちょっと色がついているような状態であれば黄疸の疑いがあると考えても良いでしょう。
病院で特に黄疸について言及されていなくても、実は黄疸が続いているという可能性もあるのが事実です。
実際大きな病気による黄疸だったのに、一か月検診で見逃されている赤ちゃんもたくさんいます。

お医者さんが何も言わなかったから大丈夫と思わずに一度白目をしっかり見てあげてください。
自分で自信がなければ家族の方にも見てもらうとよいでしょう。

 

黄疸はどんな病気に関係しているの?

黄疸が一か月以上続いた場合、母乳性黄疸の他に病気も疑ってみる必要があります。

では、いったいどんな病気に関係しているのでしょうか?

生後間もなく、肝臓と十二指腸を繋ぐ管がなくなってしまう病気を「胆道閉鎖症」と呼びます。
肝臓は体中の老廃物や毒素を解毒する働きを持っている重要な臓器です。

この管がなくなってしまうと、黄疸の原因であるビリルビンや毒素が十二指腸から排出されることがなくなり、血液中を巡ることになります。
また、肝臓も毒素をため込み続けてしまうことで負担がかかり肝硬変や肝臓がんになってしまいます。

 

その後も放置してしまうと、生後約3か月後にはビリルビンが脳に溜まってしまいます。
ビリルビンというのは神経を刺激する毒素でもありますので、脳が侵され「核黄疸」というものになってしまいます。

こうなると、脳出血や脳障害、最悪死亡してしまうこともあるので黄疸が長引く際に気を付けてほしいのです。

 

おわりに

黄疸が長引くことは決して悠長な事ではないとわかりました。
でも、あまりに心配しすぎるのも親御さんも疲れてしまうことでしょう。

黄疸が少々長引いても焦らずにお医者さんとしっかり相談して、病気だったとしてもきちんと治療すれば通院などはしなくてはならないでしょうが、普通の子と同じように元気に育っていくことができます。

黄疸の期間は大体一か月を目安に見ていただくことが、万が一病気だった時にも焦らずに対処できるのでお勧めです。

 

-基本

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.