原因

黄疸が出てうんちの色が白っぽい?胆道閉鎖症の疑いあり!

更新日:

赤ちゃんの約80%は生後2~3日で黄疸を発症します。
そしてそのほとんどが自然に治まるので「赤ちゃんの黄疸は心配ない」と思ってらっしゃる方も多いでしょう。

しかし、赤ちゃんの黄疸には大きな病気が原因となっている黄疸もあります。
その病気は放っておくと脳に毒素が溜まってしまう「核黄疸」という脳出血や脳障害、最悪死亡してしまうこともある恐ろしい事態を引き起こします。

今回はその注意しておきたい黄疸と赤ちゃんのうんちの色について説明していきます。

 

赤ちゃんにでる3つの黄疸

赤ちゃんにでる黄疸には大きく3つの種類があります。

  • 新生児黄疸
  • 母乳性黄疸
  • 肝細胞障害による黄疸

1と2に関しては生まれたての赤ちゃんの肝臓の働きがまだ弱いために起こる黄疸で、およそ生後1週間~遅くても2か月頃までには自然に治まるものなので心配はないでしょう。
ですが、3の肝細胞障害による黄疸は肝臓に何かしらの病気を持っていることが考えられるので一か月検診などで医師によく確認しておく必要があります。

3の場合に一番恐れられるのが「胆道閉鎖症」という病気です。
これは肝臓と十二指腸を繋ぐ「胆管」という管がなくなってしまう病気で未だに原因が分かっていない病気です。

通常なら肝臓の働きによってビリルビンという黄疸の原因となる黄色の色素が胆汁という消化液と一緒に胆管を通って十二指腸へ分泌されることで、うんちと一緒に体外へ排泄されるのですが、この胆管がなくなってしまうと黄疸の原因であるビリルビンが体外へ出られずに血液中に逆流し黄疸となってしまうのです。
そしてたまったビリルビンはおよそ生後3か月をめどに脳を侵し、「核黄疸」を起こすのです。

1と2は肝臓の働きが弱いだけであり、体外へ排出する仕組みはしっかりと機能しているので心配ありませんが、3は肝臓の働きが弱いばかりか体外へ排出する仕組みが機能していないので大変な事だとわかります。

タイムリミットが生後3か月なので急いで治療しなければなりません。
そのために一か月検診などでは「胆道閉鎖症ではないか」と直接医師に相談することが早期発見の手段となります。

 

スポンサーリンク

 

うんちの色が白っぽいのはなぜ?

黄疸が出ているときは往々にしてうんちの色が白っぽくなります。
それでは、うんちの色を作っているのは何なのかを見ていきましょう。

うんちの色は肝臓から出る胆汁という脂肪分を消化する消化液の色なのです。
元々胆汁の色は緑色をしていますが、腸の中にいる時間によって色が変わり茶色や黄色になります。
つまり、茶色や黄色のうんちが出ているなら黄疸の心配はないと言えます。

しかし、この胆汁が胆道閉鎖症などの病気によって流れなくなるとうんちの色を作る胆汁が混ざることがないので白っぽい色となるのです。
真っ白でなくてもベージュ色でも肝臓の機能が十分に働いていないと言えます。
健康なうんちはしっかりと色がついています。心配なら医師と相談すると良いでしょう。

 

おわりに

黄疸とうんちの色は密接に関係しています。
うんちの色が薄いと思ったら病院へ行ってみましょう。

また黄疸が出ると、白目にもビリルビンが沈着するので白目が黄色くります。
赤ちゃんの白目もよく見てくださいね。他にもビリルビンは肌を刺激し、かゆみを起こすので赤ちゃんが痒がっている時や、理由もなくグズグズ言っている時も注意してあげたほうがよいでしょう。

赤ちゃんの黄疸には大きな病気が隠れている可能性があるので、これらの症状があれば念のために病院へ行ってあげてくださいね。

 

-原因

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.