治療法

黄疸が皮膚に与える影響!痒みを和らげる4つの方法とは?

更新日:

黄疸が出ると皮膚や白目が黄色っぽくなるというのは、よく知られています。黄疸が出る事で皮膚に何が起こっているのでしょうか?また、皮膚が黄色くなる以外に症状はあるのでしょうか?今回は黄疸がでる仕組みとその他の症状について説明していきます。

 

黄疸が出るのはなぜ?

黄疸は、肝臓などに疾患がある場合に出ます。
これは、本来ならば肝臓で処理され体外に排出されるはずのビリルビンという黄色の色素が肝臓の機能が低下することにより排出されなくなり、皮膚や白目に沈着するためです。
この事により、黄疸が出るということは少なからず体に異常があるというサインとも受け取れることができますので、早急に病院へ受診するべきだといえます。

 

スポンサーリンク

 

黄疸の為に皮膚が受ける影響

まず前述したとおり、ビリルビンが黄色の色素を持つために皮膚や白目に沈着すると黄色く変色します。
その他に、多くの方が苦しむ症状に「掻痒感」があります。ビリルビンには神経性の毒素があるために皮膚に沈着すると末梢神経に刺激を与え痒みとなります。この痒みは皮膚の下から痒くなるような不快な感じがするうえに痒みが強いので掻き毟ってしまい血が出てしまうことも少なくありません。

 

痒みが出た場合の対処法は?

黄疸による痒みの有効な治療法はないと言われています。通常の痒み止めに使われるヒスタミン剤やステロイドも効き目は弱く、痒みをなくすためには黄疸の治療、即ち肝臓などの病気を治療することしかありません。
では、この痒みに耐え続けるしかないのかというとそうではありません。痒みを完全になくす訳ではありませんが、痒みを和らげることはできますので以下に紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

痒みを和らげるための4つの方法

黄疸による皮膚の痒みを和らげるためには以下の4つがあります。
1.体を清潔にする
皮膚に汚れがあると、それが刺激となり痒みを引き起こすことがありますので
清潔に保つようにしましょう。また、後述する方法の効果を最大限にだすためにも皮膚が清潔である必要があります。

2.重曹水で絞ったタオルで体を拭く
重曹を2%程度に薄めたタオルに染み込ませ、体を拭いてあげるのも効果的です。重曹のアルカリ性の物質がかゆみを和らげてくれます。

3.皮膚の保湿を試みる
通常の痒みと同じく、皮膚が乾燥すると痒みをまします。
ローションなどを用い皮膚を乾燥させすぎないようにいます。
ローションの中でもパンパニローションと呼ばれるものがあります。
これは、京都大学の看護師さんたちが発明した
よもぎ
のローションで黄疸による痒みを和らげる効果があるとして注目されています。

4.衣服をゆったりしたものにする
体を締め付けるような服は繊維が肌を刺激するために痒みが増すことがあります。衣服をゆったりとしたものを選び、材質も化繊よりも面などの吸湿性のよいものが良いでしょう。

おわりに

黄疸によって皮膚が黄色くなることの他に、掻痒感という症状が黄疸にあると分かりました。掻痒感による痒みはかなり強力なもので、大人でも耐えるのに必死だといいます。
痒いからと掻いてしまうと皮膚に傷ができ、余計に痒くなってしまいます。どうしても我慢できない場合は、掻くのではなく叩くようにしてください。
今回紹介した対処法で少しでも掻痒感が和らいでくれたら幸いです、

 

-治療法

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.