基本

黄疸とは何なのか?黄疸が出る5つの原因を知って対処!

更新日:

肝臓が悪いと黄疸がでるということを一度は聞いたことがあると思います。では、黄疸がどういった原因で出るかはご存じでしょうか??また、黄疸で肝臓が悪いとは聞くけれど具体的にどういう風に悪くて、何の病気が原因になっているかは考えたことはありますか?
今回は、黄疸という聞いたことはあるけれど詳しいことはわかっていない事が多い現象について考えていきましょう。

 

黄疸が出る5つの原因

黄疸というものは、赤血球が寿命を終えるなどして分解された時にできる「ビリルビン」という黄色の色素を持つ毒素が血液中に大量に増える事で皮膚や白目に沈着し黄色く見えるようになることを言います。
では、このビリルビンが何故増えるのでしょうか?ビリルビンが増えるのには主に5つの理由があります。
1.肝臓の疾患によってビリルビンの処理ができなくなってしまうから
通常ビリルビンは肝臓で毒素を弱められ、胆汁という肝臓が出す消化液と混ざり合い腸を通って体外へ排出されます。これが、急性肝炎や肝臓がんによって肝臓の機能が弱まってしまうと、ビリルビンを処理できなくなり黄疸の原因となります。

2.肝臓からビリルビンを流す管「胆管」が詰まってしまうから
肝臓でうまくビリルビンを処理できたとしても、胆汁を流す胆管が詰まってしまうと同じようにビリルビンが体外へ排出されずに黄疸の原因となります。新生児においても「胆道閉鎖症」という胆管がなくなってしまう病気がありますので、黄疸がきつく、うんちの色が白っぽい時はすぐに病院へ受診してください。

3.膵臓から伸びる膵管にできた腫瘍が胆管を塞いでしまうから
肝臓もうまく機能している、胆管も詰まっていないとしても、すい臓から伸びる膵管が腫瘍によって塞いでしまうと、胆管も詰まってしまい同様に黄疸の原因となります。
これは、膵管と胆管が途中で繋がり一つの管となっている為に起こることです。

4.溶血によって赤血球が大量に破壊されるから
血液の免疫系に異常があると、赤血球が大量に破壊される「溶血」という症状になります。ビリルビンのもとである赤血球が大量に破壊されることで肝臓が処理できる限界を超えた量のビリルビンが血液中に存在することになり、黄疸の原因となります。

5.新生児における生理的黄疸のため
新生児においてはほぼ80%が黄疸を発症します。これは血液中にあるビリルビンを処理する機能が未発達であるために起こる現象であり、成長すれば自然と消える黄疸なので心配はありません。
ただし、2であるように胆道閉鎖症による黄疸である可能性もあるので黄疸が出ている間は医師とよく相談してください。

 

スポンサーリンク

 

黄疸は危険??

上記の通り黄疸はなにかしらの病気が原因となって起こるものなのです。
大人になってからの黄疸は赤ちゃんのように生理的なものではなく、ほぼ確実に病気が原因となっています。黄疸が出ている人がいたら病院へ受診することを薦めてください。

 

おわりに

黄疸が出る原因はビリルビンというものが大量に増える為に起こるものだとわかりました。そして黄疸というものは病気になる前兆として出るのではなく、病気になったから出るものだともわかりました。
黄疸とは何か。それは肝臓やすい臓が異常を訴える為に出す警告なのだと認識し、早急に病院へ受診しましょう。また、定期的な健康診断や人間ドックで黄疸が出る前に異常を発見できることもありますので、積極的に参加するようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-基本

Copyright© 黄疸Labo , 2018 All Rights Reserved.